なぞログ

疑問に思ったことや発見したことをまとめて書き残しておくブログ

断捨離を続けることで得られたメリット

2,3年前に始めた断捨離を続けてその後どうなったかの記録。一度にどかってやって終わりではなく継続的にやっています。 ちなみに配偶者と子供1人の3人で2LDKの賃貸マンションで暮らしています。

メリット

いきなりですが、やってみて得たメリットをまとめておきます。

  • 部屋をすっきり広々と使える
  • ものを探す時間が減る
  • すでに持ってるのに買ってしまうのを防げる
  • 自分に必要なものが明確になって余計なものを買わなくて済む

部屋をスッキリ広々と使える

現在私は賃貸に住んでいるのですが、モノが少なければそれだけ小さな家で生活することが可能になるので長い目で見ると家賃を抑えることが期待できます。モノを置くスペースにも家賃がかかっているという認識です。 実際子供が大きくなるにつれ必要なモノが増えてきますが、適切に手放していくことで広い家に引っ越す必要がないまま広々と使えています。

きっかけ

どうやった?

基本戦略としては「丸1年以上使っていないものは手放す」というシンプルなもの。 それなりのボリュームになるので全てをゴミとして出すのは忍びないので、インターネットで出品して、それでもダメならゴミとして処分といった感じで断捨離を進めました。

インターネットで出品

ヤフオク、メルカリ、ジモティーを駆使しました。どれも有名サービスで買い手、貰い手がたくさんいたので助かります。 使い分けとしては基本はメルカリ、割と希少なものはヤフオク、大きくて送料がかさむものや値が付けにくいがまだ使えてタダであげられるようなものはジモティといった具合です。

ヤフオク

出品したもの…腕時計、iPhoneなど 他のサービスと違いオークションなので値下げ交渉などはなく、割と高価になりやすいものを出品しました。もちろんデータは全て削除して。

ジモティ

出品したもの…テレビ、テレビ台、ストーブ、ホームベーカリー、食器、衣装ケースなど 手渡しできるので事前に受け取ってくれる人と連絡をとれば大きなものでも譲ることができました 自治体によるとは思いますが大きな家具は処分にお金がかかると思いますが、ジモティなら買い取ってくれることになるので一石二鳥になる事が多いです。

メルカリ

出品したもの…服、カバン、小物家電、子供が使わなくなったおもちゃなど とにかく買い手の数が多いので大体のものは出せば買ってもらえます。改めてすごい。

ゴミとして処分

当たり前ですが、インターネットでの出品もできずに残ったものがゴミとなるのですが意外とこのフェーズに残ったものがあんまりなかったです。 少しカビ臭くなってしまった布団とか、大量の不要な書類(説明書とか期限切れの保証書とか)、ボロボロの靴とか、錆びた工具とかすでに値打ちがなくダメになったものだけでした。 捨てるときは自治体の分別に従い処分しました。

まとめ

慎重に

冒頭のメリットにあげたものがほぼまとめに近いのですが、最後に気をつけなければいけないこととして、家族のものには安易に手を出さないであくまで自分のもの、共用しているものだけにとどめておき、共用しているものに関してはしっかりと同意をとって進めることが大事です。 私はかなり寛容な家族に恵まれたためある程度許してもらえる部分がありましたが、ご家庭によってはトラブルになるだろうなと思いました。

継続的に

また一度にまとめてやって終わりではなく、継続的に「これはいるかな?」というのを考えておくといいと思います。気がつくと物はあっという間に増えます。 また買い物や何かをもらうタイミングで「あとで使わないで手放すことにならないかな?」というのを意識して、よく検討して買ったり断るなど、不要なものをなるべく増やさないというのも大切です。

最後に

ものを手放すというのは大変な作業です。 インターネットへの出品もそれなりに手間がかかりますし、家の中をひっくり返すのも重労働です。家族がいれば同意をとるのもちょっとした気苦労になります。 一気にやろうとせずある時間をかけて少しずつ減らして不用品を増やさないというのが現実的だと思います。 私も2,3年かけて継続的にやっていますが完全に習慣になりつつあります。 どんなことにも通じることだと思いますが習慣を味方につけると強いと思いました。