なぞログ

疑問に思ったことや発見したことをまとめて書き残しておくブログ

脱成長という言葉を聞いたので

脱成長という言葉を聞いて、ちょっと調べたり書籍を読んでみました。そのまとめ。

簡単に解釈すると…

いくら省エネや再生可能エネルギーに切り替えようとも、循環経済に切り替えようとも、今のまま「経済成長」を続けると資源を食い潰して地球はもたない。

大量にモノを作り売ることによる「成長」を求めずに、そもそものモノの生産量を減らすことで物質の消費をはじめとする様々な問題を解決できるという主張になるのかと思います。

資源の消費やそれに伴う気候変動もさることながら、格差の拡大など成長に伴う痛みというのは資源の消費にとどまらないということが言われています。

贅沢品に関する課税、資源の消費(石油や鉱石)に対する課税、労働時間の削減など、モノの生産の源泉を減らしていこうということに繋がります。

ただ、理解できるものの取り組みにくいこともあると思いました。

  • グリーンニューディールベーシックインカムなど公的支出に関することは、いち消費者の行動だけではどうにもならない
    • 選挙で投票するくらい?
  • 労働時間の削減もなかなかすぐには難しい
    • 今すぐ会社に「私は週4日しか働きません」と反旗を翻すことはできない…

では何もできないのかというとそうでもなくて

  • ものをシェアする
  • 買うものを厳選して無駄な消費をしない

といったことは個人でも十分できることかと思います

モノをシェアする

カーシェアなどを利用するということがわかりやすいですが、他にも数あるレンタルサービスを積極的に利用する。

フリマアプリなどに出品したり、フリマアプリで購入するということもモノをシェアすることとある意味では同じなのではないかと思います。

無駄な消費をしない

大量消費を煽るような世の中の流れに呑み込まれないように、消費者として常に必要なもの大切なものを見極めて、消費に向き合っていけばいずれ粗悪なものは淘汰されると思います。

そのためにも

断捨離
→身の回りのものが減るので何が必要で何が不要なのかの見極めの精度が上がる
→無駄なものを買わなくなる

といったステップは有効だと思います。

funky-46.hatenablog.jp

また、物質の消費を逆に考えるとゴミを減らすと結果的に物質の消費を減らすことにもなるかと思います。

funky-46.hatenablog.jp

気付きと仮説

情報社会になって物質の消費量というものは減っているのでは?と思っていましたが、マテリアルフットプリントという指標があるらしく、それによると先進国の物質消費は減るどころか増えていっているようです。

よく考えてみれば納得で、あくまで思いつきの仮説ですが。

  • 自分に刺さる広告が増えて、買う機会が増えた?
  • ECなど気軽に買える機会が増える=売る機会も増える=作る機会も増える。といった感じで生産する量が増えている?

といったことなのかなと思いました。

また、脱成長に関連する意見として「社会としての成長」と「個人の成長」は別物だという意見もありますが、私もその通りだと思います。「脱成長」だからといって個人が成長しなくていいということにはならず、本を読んだり、調べ物をしたり、勉強したりしていろいろな知見を得て行動の指針を増やしていきたいと考えているので個人としては成長を求めていきたいと考えています。思いとは裏腹にサボりがちですが...

まとめ

この「脱成長」という考え方は日本でもかなり注目されているらしく。さまざまな意見が飛び交っているように思います。 主張に対しては同意せざるを得ないこと多々ありますが、現実的にはすぐには無理なのかもなと思います。

一方で時代の流れに一石を投じるということなのでしょうか。多少極端にも思える意見が出てきて支持されるからこそ「足して2で割る」ように少しずつ世の中が変わっていくのかもしれません。

大量生産大量消費の流れに流されて「買わされる」のではなく、自分で必要なものは自分で決めて「買う」ようにしていきたいと思います。

ペーパーレスについて思ったこと

DXという言葉をよく聞くようになって(最近ちょっと少なくなった?)思いつくのがペーパーレスなのですが、ペーパーレスのメリットって紙の消費自体が減ることだけではないよなと思ったのでメモ。

メリット

  • 紙そのものが減る
  • 印刷機が減る
  • インクの消費が減る
  • 紙を物理的に送り合うために必要なエネルギーが減る
    • 燃料を使って輸送する
  • 保管するためのスペースが減る
  • 書類を探す時間が減る

パッと思いつくだけでもこんなところでしょうか。これを社会レベルで減らせると結構なインパクトになるのかもしれません。

何ができるか?

オフィスや仕事

オフィスで使う紙別でどうすることができるか見てみます

  • 契約書
    • 電子契約サービスを導入する。ハンコのための出社も減らせるかも。
  • プレゼン資料
    • あらかじめ電子データで共有する。GoogleWorksとかDropboxとかオンラインストレージサービスを導入する。
  • 年末調整や確定申告
    • SmartHRfreeeなどのサービスを導入する。ただ最終的な提出は紙になるのかな...

プリンタってインク代、印刷代、紙代と何かとコストがかさむからコスト削減にもなりそうですね。しかも資料を探しやすかったり、オフィススペースも減らせるからいいことしかないような気がします。

家庭

  • 読まないダイレクトメールは全て解約する
  • 銀行などの通帳はエコ通帳にする
  • 郵便物はすべて電子化(電子メールなどで受け取れないか調べるなど)できないか調べてみる

自身を振り返ると紙で受け取っているものって子供の教材を除くと以下くらいでしょうか。

  • レシート
  • ふるさと納税の納付書の紙
  • 年末に来る保険などの納付証明書類
  • こどもの学校のプリント

レシートは日々消費するので何かできないかとは思います。それ以外は月または年に数回程度と頻度は大きくないのでとりあえず気にしないとして。調べてみるとレシートって思ったより資源を消費してるんだなと思いました。

www.smartreceipt.jp

普段意識することなくゴミ箱に直行しているレシートですが無意識に消費されている資源って意外とあるのかもしれないと思いました。

まとめ

ペーパーレス=紙が減るだけと思っていましたが、よく考えるとそれに付随して減るものがあるんだと気が付いたり調べたりすると意外なことがわかったりして楽しいです。紙って無意識に消費していることが多い気がするので(それだけ日常に溶け込んでいるのかな?)できるところから消費を減らしていきたいものですね。

レアメタルを発掘?都市鉱山という資源

ja.wikipedia.org

製造に必要不可欠なレアメタルなどの資源を不要になったスマホやPCから取り出して(リサイクルして)有効活用しましょうということでしょうか。

鉱山を切り開いて、鉱石を精錬していくというのは多大な環境負荷を生むと同時に危険な作業になるため、そこに携わる人の健康被害などのリスクが含まれます。また国や地域によってはこのレアメタルを巡って紛争が起こるなどあんまりいい話を目にしないです。

www.terra-r.jp

今となってはスマートフォンやPCのない生活がイメージできないくらい生活に浸透していますが、この便利な機械を使うのにも代償があるようです。

日本が資源のほとんどを他国に依存している現状をみても、国内で使える資源はリサイクルして有効活用していくのはいいことのように思えます。

何をすべきか

長く使う

funky-46.hatenablog.jp 先日まとめましたが、個人的にはここでもやはり自身のスマートフォンやPCをなるべく長く使うことが重要だと思います。

スマートフォンを長く使うコツとして個人的に下記のことを実践しています。

  • 不要なアプリを入れておかない
    • アプリの自動アップデートやら通知やらで使っていないアプリを入れっぱなしにしているだけでもスマートフォンを働かせるきっかけを作ってたりします。
  • 充電しながら使わない
    • 充電しながら長時間使うとバッテリーへの負荷が高まるそうです。
  • OSアップデートを長くサポートしているスマホを選ぶ
    • iPhoneなどはかなり長くサポートしてくれます。セキュリティなどの点でも重要なポイントになるかと思います。
  • SIMフリーの端末を買って格安SIMを使う
    • 一見関係ないように思いますが、大手キャリアで契約をすると2年に1回くらい「新しいのにすると割引きありますよ」みたいな力が働きませんか?(何年もSIMフリー端末を使っているので定かではないですが)
  • 修理する

私はiPhoneXを使ってもうすぐ丸4年になりますが、まだまだ使える気がします。

リユースに出す

まだ使えるものであれば、フリマアプリなどでリユースに出すのもいいと思います。スマートフォンは古くなったものでもそれなりに価値が残っている気がするのでお小遣い程度にはなるかも。

個人情報の流出が気になる方は下記を参考に(私がiPhoneを使っているのでiPhoneだけになりますが) iPhone、iPad、iPod touch を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと - Apple サポート (日本)

リサイクルする

それでもだめならリサイクルしましょう。

回収サービスはいくつかあるようですが、私は下記を使いました。 www.renet.jp スマートフォンやPC以外にも回収してくれるものがあるようです。

自治体によっては公民館などで回収箱を設置しているところもあるようです。

またiPhoneの話になってしまいますが、Appleはリサイクルプログラムをやっていたりするのでそちらに送るのもいいと思います。 リサイクルプログラム - Apple(日本)

下取りもやっているので買い替えの時は利用してみてもいいかもしれません。 iPhone - 下取り - Apple(日本)

まとめ

生活を便利にしてくれるスマートフォンですが、資源の消費とそれに伴い犠牲になる人がいることを思うと複雑な気持ちになります。ただ、その犠牲を少なくしていく努力(いいものを選んで長く使い正しく捨てる)は消費者にもできると思っています。スマホに限った話ではないですが。

wired.jp

なんだかiPhoneの話ばかりになってしまいましたが、最後にiPhoneネタで好きな記事を紹介して終わります。

iphone-mania.jp

Appleは原料から完成品まで1000倍近くの付加価値をつけるんだなと驚きます。全てを自分たちで作るのではなく部品は他の会社さんのを使ってるでしょうが、設計して、組み立てて、OSを開発して、たくさんの人を巻き込んで(アプリ開発者、携帯キャリアなど)、その結果が原料から1000倍の価値を生み出すということなのでしょうか。

リサイクルが正解なのか?

リサイクルと聞けば環境にいい言葉のように聞こえますが、少し調べると裏に隠された問題が見えてきたのでまとめておきます。

他国への転嫁

リサイクルと称してそのまま海外へ送りつけるケースがあるようです。

適切な処理(危険物質などが安全に処理されるなど)が国の法律で定まっていない地域などでは、大変危険な方法で処理されることがあるようです。 wired.jp

洋服に関しても店頭で回収BOXを見かけるようになりましたが、他国へ送るケースもあるようですが、受け取る国ではすでに飽和してしまっていて結果としてゴミの山として放置されているということもあるようです。 www.businessinsider.jp

冷静に考えると他国から資源を安く買い、不要になったらまた他国に押し付ける構図になってしまっているようですね。

コスト及び環境負荷

リサイクルが全てを解決するというわけではなく、分別回収されたあとは洗浄、粉砕、選別などされて実際に資源として使われるまでにたくさんの手間=コストがかかるため、資源を他国から輸入するよりコストが高くついてしまいなかなか進まないといった問題もあるようです。 手間をかけるということはその過程でエネルギーを使うことになるので当然環境負荷にも繋がります。

私たち消費者ができることは分別回収をすることくらいしかできませんが、その先にはコストや追加の環境負荷をめぐる複雑な問題が隠れているようです。

まとめ

まとめてみるとリサイクルにもさまざまな問題があると思います。リサイクルは最終手段として、なるべくその前段階であるリデュース、リユースを徹底して行ければいいのかなと思います

リデュース、リユースを徹底しよう

今使っているものをなるべく長く使う、それでも不要になったのであればフリマアプリなどを活用して人に譲るなどしてリサイクルのフェーズに持っていかない努力をすることが大切だと思います。

さらにその前段階として

そもそも自分に必要なものは何か?その見極めをして所有するものを必要最小限にすることも有効だと思います。

ミニマリストといった言葉も見かけるようになりましたが、個人的にはそこまで過度にこだわらず、自分のペースで所有するべき必要なものを見極めて厳選すればいいのではと思います。

人それぞれ必要なものは違いますので、あくまで参考程度にすればよいかと思います。

私が現在進行で行っている断捨離記録もご参考になればと思います。 funky-46.hatenablog.jp

大量生産、大量消費の波にのまれないようにしたいところですね。

ゴミを減らすためにできること

近頃SDGsという言葉を目耳にしない日はないくらい地球にとって転換点にあるのかもしれないなと考えるようになりました。

マシンガンズ滝沢さんが清掃員と芸人の2足のわらじで活動されていることを知りちょっとゴミについて自分で調べてみたことをまとめておきます。ちなみにマシンガンズのネタは結構好きです。

現状

日本ではどれくらいのゴミが出ているか調べてみると、年々減ってきてはいるようですが、4300万トン近く出ているようです。凄まじい量ですね。

途中で焼却されたり、資源として使えるものは資源として活用することで最終的に埋めたてることになるのはおよそ1/10にまで減るようです。それでも最終的に埋めたてるのが400万トン近くになるので想像を絶する量ですね。

[参考] 令和元年度調査結果環境省廃棄物処理技術情報

  • 排出量: 42,736,787t
  • 最終処分量: 3,798,128t

こちらに分かりやすくまとまっていそうです。 www.cjc.or.jp

消費者として個人レベルで頑張るのも大事ですが、よくよく調べてみると産業廃棄物は一般ゴミのさらに10倍近くも排出されているんですね... 凄まじい量ですね...

何が問題なのか?なぜ減らすべきなのか?

現状凄まじい量のゴミが出ていることはわかったものの、それの何が問題なのでしょうか? あくまで自分なりではありますが、考えてみました。

最終処分場の限界

土地は無限に使えるわけではなく、現在日本にある最終処分場の残余年数(使える残りの年数)は大体20年近くだそうです。 新しく作るのにもなかなかハードルが高いです。最適な土地を用意するのは大変です。みんな自分の家の裏にゴミの山を作って欲しくはないですよね。NIMBY - Wikipedia

CO2排出

日本のゴミ処理は焼却処理がメインです。土地の広い国ではそのまま埋めたてることが多いようですが、国土が限られた日本では燃やして減量して埋めることが必要になります。 ものを燃やせば当然CO2が出ます。気候変動を生み出す温暖化の原因とされていますね。もちろん全体のCO2排出源のうちゴミ焼却がどれくらい占めているのかというと2%程度とのことなので、大きな影響はありませんが。

ゴミを燃やした時だけではなく、ゴミを運ぶための清掃車を走らせるための燃料も使います。4300万トンもの重いものを運ぶのに使う燃料は膨大なものですよね。

どうするべきなのか?

よく聞く3Rをシンプルに実行するのがいいのかなと思いました。 3Rについて | リデュース・リユース・リサイクル推進協議会

ただ個人的にはReduce/ReuseとRecycleは少し性質が違うという視点を持っているので二つにわけて考えてみます。

リデュース/リユース(Reduce/Reuse)

ゴミの発生を防ぐという視点では、ReduceとReuseは似ていると思います。再利用(Reuse)すればゴミにならずに済む(=Reduce)わけです。そのため合わせて考えてみます。

  • なるべく長く使う
    • 飽きにくいデザインのものを選ぶ
    • 大切に使う
    • 修理修復できそうならやってみる
    • 定期的にメンテナンスをする
  • すぐゴミになるようなものは受け取らない
    • 本屋さんで本のカバーは断る
    • マイバッグを持っている場合は袋を断る
    • 過剰包装はなるべく断る
    • 無料で配布しているチラシなどは受け取らない
    • マイボトルを持ち歩く
  • まだ利用できる不用品は譲る
  • 他人の不用品を活用する
    • 必要なものが出てきた場合は、新品にこだわらずにフリマアプリなども活用してみる

私の一例で言えば、ダイソンの掃除機はこまめにメンテナンスして、途中でバッテリーだけ買い変えて5年近く使っています。 ノースフェースのアウターは少しメンテナンスをして8年近く使っていたりします。 洋服や家電など流行にとらわれず長く使えるものを選べるとゴミを減らすことにもつながるし、お財布にも優しいです。

ジモティで無料で出品する、おもちゃを施設に寄付するなどまだ使える不用品を誰かの役に立つものに変える方法は意外とあるものです。

ただ、フリマアプリに出せばいいやでなんでもかんでもすぐに買い換えるのではなくあくまで自分で長く使うというのが大切だと思います。 自分で長く使うためにいいものをしっかりと選んで購入することが重要になってきます。

しっかりと選んで使った結果、不用品になったものはフリマアプリに出すなどすればいいと思います。しっかりと選んで買った商品はフリマアプリに出す場合もそれなりに価値は残るはずです。

リサイクル(Recycle)

正しく分別することで再資源化がしやすくなるため、基本的には自治体のルールに従ってしっかりと分別すればよさそうです。ただ大型家電や小型家電などはリサイクルに少し工夫がいるので記載しておきます。

細かいところだとプラスチックや古紙/古布の分別がありますが、調べる限りひとまず金属関連は再資源化しやすいという印象を受けたので最低限上記の分別は守りたいところです。

油汚れのついたプラスチック容器を洗剤で洗ってリサイクルするというのは環境にいいのか疑問です。無理せず燃えるゴミとして出すほうが良いケースもあると思います。 一度全てのゴミを分別してみる実験をしたのですが、プラスチックゴミのほとんどは食品の包装に使われているもので一生懸命洗って出すのはかなり大変です。 まずはやらなければいけないところ(家電リサイクル)やりやすいところ(金属類)から確実に進めていきたいところです。

リユースのところでも書きましたが、例えば省エネの冷蔵庫に変えましょうと聞いてまだ使える冷蔵庫をリサイクルして買い換えるのは環境にいいことなのでしょうか?生産して廃棄するまでのライフサイクル(ものの一生)で考えた時にエネルギー収支がどうなるのかは私たち消費者がしっかりと考えないといけないことなのかもしれません。

いろいろと調べると、例えば金属資源を外国から輸入する場合とリサイクルしたものを利用する場合だとコスト面でどちらがいいのか微妙なケースがあるようです。 確かによく考えると分別回収、洗浄、粉砕などして初めて資源として利用可能になるのですが、その間に起きる環境負荷なども無視できないものになります。 再資源化というのは複雑な問題がかなり絡み合ってるものなんだなと思います。

まとめ

リサイクルには資源として利用するまでの大変なハードルがあるため、最後の手段として考えるべきだと思います。 リサイクルする前段階のリデュース、リユースを積極的に進めるのがいいと思います。 さらにその前段階として長く使えるものをしっかりと見極めることが重要だと思います。

popIn Aladdinで生活が変わった

物理的なテレビを撤去してpopIn Aladdinを使っています。

ざっくりいうと天井につけるライトにプロジェクターがついていて、映像を壁に流すことができるというものです。Android OSで動いているようなのでAndroid端末+電球+プロジェクターといったイメージでしょうか。

メリット

  • 物理的なテレビを撤去することで無意識にテレビを流す習慣をやめられた。食事中や子供と遊んでいる時にテレビが付いているとそちらに視線を取られてしまったりすることがたびたびあったがそれはなくなった。
  • スペースが確保できる。42型のテレビだったのでテレビ台と合わせるとそれなりのスペース確保につながる
  • テレビに集まる埃を掃除する手間が省ける
  • 大画面なので映画などの映像コンテンツはより楽しめる

上記のメリットが今までの電球にプラスされるというのは体験としてかなりいいです。

主な使い道

Netflixなどメディアを楽しむアプリはメジャーなものであれば大体揃っている印象を受けるので、それらのアプリを使うことになります。 また設置に関しても通常のライトをつけるのに加えて少しプロジェクターの角度を調整する程度で10分もあればできました。

ラジオを聞く

これまではあまりラジオを聞く習慣がなかったですが、Radikoで朝のニュースを聞いたりしています。テレビをつけてニュース番組を流すと視線を奪われて動きが止められますが、ラジオなら聞き流せるので基本動きが止まることはありません。

音楽を聴く

Spotifyのアプリがあるのでそちらで音楽を聞きます

映画を観る

NetflixとAmazonPrimeVideoを契約しているので、ときどき映画や子供向け番組をみたりします。

まとめ

最後にデメリットとして(我が家では地上波を一切見なくなりましたが)地上波をみるのには一手間いるようです。 物理的なテレビがどうしても必要ではないという方には導入の価値がある家電だと思います。 我が家では導入して1年近く経ちますが故障もなく、メリットを享受しつつ快適に使えています。 居間でほとんど見てもいない番組を流して、受け取る必要のない情報を浴びる昔ながらの習慣がかなり減った気がします。

断捨離を続けることで得られたメリット

2,3年前に始めた断捨離を続けてその後どうなったかの記録。一度にどかってやって終わりではなく継続的にやっています。 ちなみに配偶者と子供1人の3人で2LDKで暮らしています。

メリット

いきなりですが、やってみて得たメリットをまとめておきます。

  • 部屋をすっきり広々と使える
  • ものを探す時間が減る
  • すでに持ってるのに買ってしまうのを防げる
  • 自分に必要なものが明確になって余計なものを買わなくて済む

きっかけ

  • 本を読んでみた
  • ミニマリストという言葉に触れる機会が増えて気になりだした
  • 子供のおもちゃが日に日に増えて部屋が手狭になっていく実感があった

どうやった?

基本戦略としては「丸1年以上使っていないものは手放す」というシンプルなもの。 それなりのボリュームになるので全てをゴミとして出すのは忍びないので、インターネットで出品して、それでもダメならゴミとして処分といった感じで断捨離を進めました。

インターネットで出品

ヤフオク、メルカリ、ジモティーを駆使しました。どれも有名サービスで買い手、貰い手がたくさんいたので助かります。 使い分けとしては基本はメルカリ、割と希少なものはヤフオク、大きくて送料がかさむものや値が付けにくいがまだ使えてタダであげられるようなものはジモティといった具合です。

ヤフオク

出品したもの…腕時計、iPhoneなど 他のサービスと違いオークションなので値下げ交渉などはなく、割と高価になりやすいものを出品しました。もちろんデータは全て削除して。

ジモティ

出品したもの…テレビ、テレビ台、ストーブ、ホームベーカリー、食器、衣装ケースなど 手渡しできるので事前に受け取ってくれる人と連絡をとれば大きなものでも譲ることができました 自治体によるとは思いますが大きな家具は処分にお金がかかると思いますが、ジモティなら買い取ってくれることになるので一石二鳥になる事が多いです。

メルカリ

出品したもの…服、カバン、小物家電、子供が使わなくなったおもちゃなど とにかく買い手の数が多いので大体のものは出せば買ってもらえます。改めてすごい。

ゴミとして処分

当たり前ですが、インターネットでの出品もできずに残ったものがゴミとなるのですが意外とこのフェーズに残ったものがあんまりなかったです。 少しカビ臭くなってしまった布団とか、大量の不要な書類(説明書とか期限切れの保証書とか)、ボロボロの靴とか、錆びた工具とかすでに値打ちがなくダメになったものだけでした。 捨てるときは自治体の分別に従い処分しました。

まとめ

慎重に

冒頭のメリットにあげたものがほぼまとめに近いのですが、最後に気をつけなければいけないこととして、家族のものには安易に手を出さないであくまで自分のもの、共用しているものだけにとどめておき、共用しているものに関してはしっかりと同意をとって進めることが大事です。 私はかなり寛容な家族に恵まれたためある程度許してもらえる部分がありましたが、ご家庭によってはトラブルになるだろうなと思いました。

継続的に

また一度にまとめてやって終わりではなく、継続的に「これはいるかな?」というのを考えておくといいと思います。気がつくと物はあっという間に増えます。 また買い物や何かをもらうタイミングで「あとで使わないで手放すことにならないかな?」というのを意識して、よく検討して買ったり断るなど、不要なものをなるべく増やさないというのも大切です。

最後に

ものを手放すというのは大変な作業です。 インターネットへの出品もそれなりに手間がかかりますし、家の中をひっくり返すのも重労働です。家族がいれば同意をとるのもちょっとした気苦労になります。 一気にやろうとせずある時間をかけて少しずつ減らして不用品を増やさないというのが現実的だと思います。 私も2,3年かけて継続的にやっていますが完全に習慣になりつつあります。 どんなことにも通じることだと思いますが習慣を味方につけると強いと思いました。